PAGE TOP

汗をたらして話すあいつと花粉症

ぬるい天つゆに給食当番は滅入る

「奇跡」は好き?嫌い?それぞれあるかもしれないけど、あながち悪いもんじゃないんじゃないかな、「教え子」は。そう思ったりしない?

ぽかぽかした仏滅の日没に食事を
「嫌われ松の子一生」というTBSドラマが放送されていましたが、見ていた人も多いと思います。
わたしは、テレビ番組は見なかったのですが、女優の中谷美紀さんの主役で映画がクランクインされたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さゆえでもありますが、複雑な環境にて生きながらも、自分は不幸だと思いません。
周りから見ると、不幸かもしれないけれど希望を捨てません。
幸せをつかむことに関して、貪欲なんです。
そこに、リスペクトを感じました。
自分だって幸せになりたいのに、そうなるといけない事のように感じる。
という、謎の状態だった子どもだった私は、見ている間、明るくなりました。
とても、面白い映画なので、見てみてください。
そして、中谷美紀は、教師を演じても、中洲のソープ嬢でも、美容師を演じても、やっぱり綺麗でした。

一生懸命自転車をこぐ兄弟と電子レンジ
ある大事な仕事がやってきたとき「どうにかなる」と考えていた昔。
当時の私たち新米のみんなが「終わってみたら意外に簡単だったりして」などと不真面目にとらえていた。
そしたら教育担当の上司が注意したセリフが今でも記憶に残っている。
「達成に向かって充分に時間を費やしたからこそ、過ぎてしまえば成功しただけの話。
それ故に、あなたたちみたいに楽観的に過ごしていて、運よく業務が大したことなかったという意味は含まれていません。
過ぎてしまえば単純だったといった裏の意味は、正反対です。
日々じゅうぶん取り組み準備をしたからこそ、力が有り余って、仕事がスムーズに進んだという事を言っています。
真剣に仕事をする気になりましたか?
甘く見ないで頑張ってください。」
という事。
そして、私たちはそれに向けて全力をそそぎうまく収めきることができた。
笑顔で跳ねる君と履きつぶした靴
怖い物はたくさんあるけれど、私は海が非常に怖い。
しかも、タヒチやハワイなんかの淡い水色の海ではない。
どちらかと言うと、駿河湾などの暗い海だ。
ついつい、水平線に囲まれている・・・なんて状態を想像してしまう。
気分だけ味わいたかったら、open water というシネマがお勧め。
ダイビングで海のど真ん中に取り残された夫婦の、会話のみで展開していく。
とりあえず、私には恐ろしい内容だ。
本当に起きてもおかしくない事なので、臨場感は大変味わえる。

夢中で跳ねる彼女と電子レンジ
先日、明日香と麻衣子と旅に行きました。
明日香と麻衣子は、私が通っていた学生時代の仲間で、一緒に頑張った仲間です。
しかも、学んだのは旅行関係と英語だったので、旅行が好きな学生たちでいっぱいでした。
なかでも、明日香と麻衣子を含む気の合う6人で色んな県へ旅をした思い出は忘れられません。
私はもともとそんなに仲のいい友人が多くないし、しかもそれで良いと感じています。
なので、純粋にうれしかったけれど、横で麻衣子が満足しているような感じだったのもポイントでした。
悲しそうに話す彼女と横殴りの雪
きょうは、1ヶ月半ぶりに雨が降った。
アジ釣りの約束を友人としていたのだが、雷が鳴ってきたので、さすがに危なそうで行けそうになかった。
あとで外を見たら、雨が降っていなかったので、やっぱり行こうということになったのだが、釣りに行くための準備を終えて、行ってみたら雨が降ってきた。
雨が止んで釣り場に来ていた釣り人が、あわてて釣りざおなどを車に片づけていた。
餌も解かして用意していたのに残念だった。
またの機会に行ける日にと話して釣り道具をなおした。
明々後日からは雨じゃないらしい。
その時は、今度こそ行きたい。

勢いで熱弁する子供と壊れた自動販売機
社内で関わった女の人がいる。
ちょっと風変わりな方で、彼女の話はいつも興味深かった。
それに加えて、彼女は資格マニアだということ。
保育士免許、ネイリスト検定2級、通関士。
トイック800点、書道師範免許、元スチュワーデス。
公認会計士までパスしているとうわさ。
さすがにこのことを幼馴染に話してみたところ、あなたの勘違いだと思う、など言われたけれど。
彼女は、30歳年上の専務と結婚し退職していった。
薄暗い休日の昼は焼酎を
友人の両親が梅干し屋さんらしい。
博多に本社を置き中国に店もあり、和歌山に自社工場がある。
日本全国に、たまに、何名かのグループでデモストレーションをするらしい。
飲みながら、梅干しの雑学を聞くと、おなかがすいてきた。
「梅干し食べたい」と言ったら、もちろん!と出してくれた。
ここで食べた梅干しが、今まででベストに美味しかった。
なんと、早速梅干しをオーダーしてしまった。

のめり込んで大声を出す友達と擦り切れたミサンガ
息子がマルモダンスをおどっている。
教えてもいないのに、3歳なのに頑張って踊っている。
映像でマルモのメロディが流れると、録画した映像を見ると主張して泣く。
映像を流すとエンドレスでずっと見続けている。
父親からみて、映像を見ているより本を見たり、おもちゃなどで遊んだりするほうが好ましいと思うけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、遊んであげたり、絵本を読んであげたりし続けたい。
大きくなったら絶対に巣立っていくものだから、今いっしょに遊んでおくのも私たちの為でもあると思う。
気分良く吠えるあいつと横殴りの雪
ちかこが、自分の部屋のベランダで、トマトを作っている。
実がなったらトマトケチャップを作るらしい。
彼女は、しょっちゅう水分を与えないし、ベランダにて煙草をふかすので、彼女のトマトの生活環境は少しも良くはない。
丸2日、水分を与えていないという時の、トマトの外見は、葉っぱが垂れ下がっていて、まるでがっかりしている姿に激似だ。
申し訳ない気分だったので、水分を多くあげると、次の明け方には生き生きと復活していた。

気分良く吠える先生と観光地
仕事の暇つぶしに、彫刻の森美術館に入館して、あの静けさに虜にされている。
驚いたのは、一人でのんびり観賞しに来ている方も少なくなかったこと。
なのでわたしも、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か誘って行くこともある。
江戸東京博物館は、イベントがとてもそれからは私も、一人でも行けるし、誰か誘って行くこともある。
江戸博は、イベントがとても海の見える横須賀美術館には、可愛い谷内六郎の作品が数多くある。
彼は、あの週刊新潮の表紙を描いた人だ。
その他、江戸村の近くにある、夢二美術館でたくさんポストカードを買った経験も。
このように、ミュージアムには日頃から魅力的な空間を過ごさせてもらっている。

Copyright (c) 2015 ぬるい天つゆに給食当番は滅入る All rights reserved.