PAGE TOP

風の強い火曜の早朝は窓から

ぬるい天つゆに給食当番は滅入る

「グラタン」に関して論文や本を書くとしたら、どういったことを書く?「おかゆ」の一般的な解説なんかかな。もしくは、自分オリジナルの考え方からくる意見だろうか。

息絶え絶えで話す彼女と紅葉の山
5年前、二十歳の時に、仲良しの3人で船に乗ってソウルに旅行に出かけた。
初の海外旅行で、宿に短期の宿泊だった。
街中を散々見学して、楽しんでいたけれど、そのうち道に迷った。
日本語は、当然理解されないし、英語も全く通じなかった。
泣きそうになっていると、韓国人の男性が素晴らしい日本語で戻る方法を説明してくれた。
少し前に福岡に留学して日本語の勉強をしたという。
そのことから、無事、楽しい旅を続けることが可能になった。
帰る日、電車で道を案内してくれたその人に偶然ばったり会った。
「来てくれてありがとう」と言ってくれたので、3人とも韓国が印象的な国になった。
いつも有給休暇は韓国旅行が恒例だ。

悲しそうに吠える子供と紅葉の山
会社員だったころ、まったく辞職するチャンスがなかった。
どうしても辞めたかったわけではないから。
仕事をする気持ちがなかったのかもしれない。
考えるのが面倒で、ある時、本気で辞めると目を見ていった。
そんな日になぜかは分からないが、普段少しばかり気難しいと感じていたKさんが、声をかけてきた。
会話で、私の本心をふくむ気持ちを知らないKさんが「この会社、大変だよね。だけどあなたはもう少しやっていけるよ。」と言ってきた。
なぜだか悲しくなった。
私は、その日の帰りに、教育係に辞めることを無かったことにしてもらった。
前のめりで踊る彼女と飛行機雲
今よりもものすごくデブだった時代に、絶対欠かさなかったのがシュガートーストだ。
酷い時は、夕食の終わりに2枚以上食べていた時期もあった。
さらに同じ時期に、フライドポテトに取りつかれてしまい肥満の道へワープだったあの頃の自分。
挑戦した痩身法がめちゃくちゃなものばかりだ。
一つは、スープのみの食生活。
これは2週間程おんなじスープだけで生きる食事だ。
外出先にも水筒に入れて持って行ったという徹底さ。
スープダイエットに断念して、枝豆を夕飯に置き換えるという痩身法。
さすがに、現在では無謀。
その後、1年ほどかけて栄養バランスを変えると、あっという間に元に戻った。
とにかく時間をかけてするのが一番。

自信を持ってお喋りする君とファミレス
理由があって必要な太い竹を多すぎるほど拝領するようになって、助かっているのだが、しかし、密集した竹がいやでもっとたくさん持っていってほしい山の持ち主は、こちらの必要量よりモウソウダケを取って運ばせようとするので仕事が増える。
多めに運んで戻っても余っておいてても色が落ち捨てることになるのだが、太い竹が邪魔で邪魔でしょうがないらしく、運んで行ってくれと強く頼まれる。
私も必要なものをタダでもらっているので、断りづらい。
そよ風の吹く祝日の夜に焼酎を
南九州のお歳をめしたの女の人は、日ごとに、菊を霊前にやっているから、その分、お花が豊富に必要で、菊農家も多数いる。
深夜、原付で走っていると、菊の栽培の明かりが何かにつけ深夜、原付で走っていると、菊の栽培の明かりが何かにつけ目に触れる。
住まいの照明は大変少ないかたいなかなのだけれど、菊の栽培電灯はちょくちょく目撃する。
電照菊電灯はちょくちょく視認できても人の往来はとってもちょっとで街灯の明かりもめっちゃわずかで、物騒なので、高校生など、JRの駅まで送り迎えしてもらっている学生ばかりだ。

具合悪そうに自転車をこぐ友人と霧
夏休みも2週間くらい過ぎた頃の夕暮れ時。
「缶ケリ」で鬼をしている少年は、とてもお腹が減っていた。
捕まえても捕まえても、缶をけられて捕まえた友達が逃げるので、もう本日のカンけりは終わりが見えない、と肩を落とした。
クタクタに遊び疲れて家まで戻ると、扉を開ける前に、今日の夕飯が分かった。
とても美味しそうなカレーの匂いに、少年は「やった!」と小さく叫んだ。
気分良く話す父さんと飛行機雲
現在のようにネットが必需品になることは、子どもだった自分には全く想像できていなかった。
物を扱う店舗は今から厳しくなるのではないかと思う。
ネットを使って、どこよりも安い物を見つけ出すことが難しくないから。
レースが盛んになったところで最近よく目立つようになったのが成功のためのセミナーや商材販売だ。
現在は、成功するための方法が売れるようになっていて、何が何だかピンとこない。
手段が目的になってしてしまいそうだ。

悲しそうに叫ぶあの子と枯れた森
ほほえみって魅力的だなーと思うので、なるべく笑顔でいれるように心がけている。
一応、場所と場合を考えて。
しかし、他の人に強引に押し付けてはだめ。
結局は、一括では言えないけれど自身の価値観として。
先程までシリアスな表情で真剣に仕事していた人が、ほころばせたその瞬間。
これも大好き。
笑い皺がある人が好き!という友達。
気持ちも分かるかもしれない。
息もつかさず歌う母さんと冷めた夕飯
「富士には月見草がよく似合う」と、名文を表したのは文豪の太宰だ。
彼は、バスに乗って、御坂を越え、今の山梨県甲府市へ向かうところだった。
その時たまたま一緒になったおばあさんが、「月見草」と独り言を言う。
そこで、反応した太宰の視界に見えたのが月見草、と、大きな裾野をもつ富士山だ。
富岳百景に記されたのこの話は、富士山を知るに欠かさない。
多くの文芸に出てくる、3776mの名山だ。
どの角度から見ても同じように、綺麗な形をしているために、八面玲瓏と言うワードが似合っていると言われる。
なるほど、と思う。
私が大好きなのは、中央高速道路から見る名山、富士山だ。

騒がしくお喋りする家族と失くしたストラップ
作家の江國香織の文庫本に表れる主役は、みんなクレイジーである。
例えば、東京タワーの詩史。
他にも、がらくたの柊子。
それと、ウエハースの椅子の女性画家など。
江國さんの隠された部分を、極端に表した形なのかもしれない。
徹底的にクレイジーだと思うのが、神様のボートの葉子だ。
もしかすると迎えに来る可能性もあるあのひとのために、高萩や今市に引っ越す。
恋人を絶対に忘れないよう、必ず会えると信じて。
挙句には「ママは現実を生きていない」と、愛娘の草子に言われるが、彼女には全然響かない。
ここが、神様のボートの一番クレイジーなところだ。
私はウエハースの椅子には簡単に座りたくないけれど、神様のボートには乗りたい。
江國香織さんの書く、クレイジーでも可愛くてせつないヒロインが大大大好きだ。

Copyright (c) 2015 ぬるい天つゆに給食当番は滅入る All rights reserved.